コンクリート探査装置 SEEC

広帯域超音波(0.5~2.5MHz)を使用して、コンクリート内部の空洞・鉄筋等を探査します。

反射信号を時間軸で合わせて乱反射成分をキャンセルすることでS/N比を向上させました。

ひび割れ深さ、コンクリート強度推定などの調査も可能です。

 

特徴

  • 広帯域超音波で様々な素材の探査が可能
  • コンクリートの探査深さは最大約10m
  • 鉄板や炭素繊維シートで補修した場所も探査可能
  • アスファルト舗装道路下(最大約5m)や、転圧された土(最大約3m)も探査可能
  • 画面上に3データまで同時に表示可能
  • 本体はAC100V/DC12V入力対応

 

主な測定項目

  • 音速
  • 版厚、割れ深さ
  • 空洞、ジャンカ
  • 鉄筋かぶり深さ、鉄筋径(電磁波レーダー探査機を併用)

 

仕様

【本体】
power_spec

 

【探触子(送信)】
Transmit_spec

 

【探触子(受信)】

 

【ソフトウェア動作環境】
os_spec

 

実績

  • アンカーボルト用削孔のための鉄筋探査
  • 道路下の空洞調査
  • コンクリート擁壁の強度調査
  • 外壁のひび割れ深さ測定
  • コンクリート梁の空洞への充填状況確認

 

参考資料(pdfファイル)