外観検査 FOCUS

デジタルカメラで撮影したコンクリート構造物の高精細画像から外観検査を行う技術です。

自社開発のソフト『FOCUS』で、ひび割れの幅・長さを解析するため、点検員の熟練度の影響は無く、安定した結果が出力されます。

(NETS登録 : KT-130046-V)

 

特徴

  • 画像からひび割れを自動抽出し、DXF形式に変換可能
  • 1画素単位でクラック幅を色分け表示
  • 足場・高所作業車が不要
  • はく離・遊離石灰・腐食・経年変化等も確認可能
  • 目視・打音検査のチョーキングや補修の記録にも有効
  • 外観検査としても使用可能(撮影可能範囲に限る)

業務内容

  1. 撮影~解析・接合
  2. 撮影のみ
  3. 解析・接合

等、お客様のご要望に合わせてご対応いたします。

 

点検対象

  • コンクリート構造物(トンネル、橋脚、床版、外壁等)
  • アスファルト
  • 鉄塔、風力発電設備

※ 上記以外にも対応可能な場合があります。お気軽にご相談ください。

 

点検結果

 

撮影条件

  • 撮影距離は2~70m
  • 撮影範囲(1カット)は抽出精度に合わせて決定
  • 撮影角度は、仰角45°以下(正対が望ましい)
  • 強風・降雪・雨天時の撮影は不可

 

抽出精度と撮影範囲の関係

『FOCUS』は1画素単位で解析するため、ひび割れの抽出精度と撮影範囲には次のような関係があります。

※ 抽出精度とは、検出する「最小ひび割れ幅」です。

 

 

 

FOCUSによるひび割れ解析結果

 

調査実績

  • コンクリート擁壁、外壁のひび割れ点検
  • 道路トンネル覆工コンクリート点検
  • ボックスカルバート点検
  • 橋脚・床版のひび割れ点検
  • 鉄塔の外観点検
  • コンクリート天井のひび割れ点検

 

参考資料(pdfファイル)